0 comments
0 trackbacks

5時過ぎの公園。
キョッキョッキョッと聞き覚えのあるさえずり。
そのうちに「ホー ホケキョ」
高層の建物によく響く声でかなり長い間鳴き続けていた。
移動しながらも建物に反響して実際以上に大きく聞こえる。
涼しすぎる気温に春先を思い出したのかと思う一方、鳴かないと分からないがずっとその辺にいたんだね、というこちらの目配りのなさにも気付かされた。

今日の練習
5:48~7:02 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩・倒でん猴
59手揮琵琶から合太極
骨盤をしっかりと固定した顧眄の練習
四点・六点 将展未展 このところこればっか
スポンサーサイト
0 comments
0 trackbacks

ちろりん村の管理組合?の人に尋ねると即座に西洋グルミと答えてくれた。
懸案事項が解決し、足取りも軽く会場へ向かう。

2017.06.18 (8)こちらは西洋ぐるみだそうで。

2017.06.18 (7)もう一方は鬼グルミか。 


今日の練習
9:00~12:00 教室
講義
 掤は全方位(360°)に向かっている。
  一方向に向かって出される力ではない。
 水平の円であり垂直の円である。
  一つの状態を表している。
分散 統合 力の伝達(球状の網→聴勁)

質問 下勢の右足の位置と向き
慢架 1回  
推手

<掤は聴勁である>という話を聞いて、平面で理解してはいけないのだろうが、クモの巣を連想した。
クモの糸は風に流されて飛んでいくくらい細くて軽いものだが、途切れず、たわまず、 巣にかかった獲物の動きを瞬時にクモに伝える。
身体の状態としてはこのクモの巣のようになるのが、一つの理想なのではないか。
また、推手を行うときの感覚の細やかさとしても、クモの糸を切らないくらいの感覚を意識してみたい。
0 comments
0 trackbacks

時計を見ると4時半を少し回っていた。
このまま惰眠をむさぼることもだらだらとした心地よさがあるが、このところ動けていないので身体が忘れてはことだ、と気持ちを切り替えて外に出る。
去年の今頃は、連日「よもやま話」をチェックして、会の様子や先生の考え、太極拳論をうかがっていたっけ。
逡巡もあったが連絡を取ってみたのが7月、8月から入会、108式という長い套路にため息をつきながら取りかかったのだった。
あれからもう10ヶ月。
これからだろう。道のりは長い。焦らぬことだ。

今日の練習
5:08~6:10 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩・倒でん猴で進退
起勢から単鞭・雲手・玉女穿梭で右顧左眄
将展未展と3本の直線  四点・六点

朝の空気がここちよかった。
父が歩いてきて、トイレに入って帰って行った。
GPS端末をつけているから、まあ大丈夫と姿を見送る。

これから甘酒の仕込みをする。
温度管理の難しいことを認め、ヨーグルトメーカーを買ったのだ。
文明の利器、できがまったくちがうのには驚いた。

今夜はもっとうまく作りたい。


大きな気がかり共謀罪成立。
0 comments
0 trackbacks

時間がない~
何で今これをせにゃならんのだ~
振り回されるのはごめんだ~
疲れる~
ストレスがたまる~

と、まあ
仕事の不満がたまっている。
なにかスッキリしない力学が働いていて、そのあおりがこちらにも波風をよせてくる。
やるんなら、まわりに一切しわ寄せの行かないかたちでやってほしい。
とまあ、愚痴だな。

今日の練習 
5:43~59 室内
八門五歩
0 comments
0 trackbacks

持ち帰り仕事をしながらうたた寝。
目を覚まし、また椅子にもたれて寝てしまう。
そんなことを繰り返しているうちに4時になっていた。
こうなったらと、シャワーを浴びて公園へ。

今日の練習
5:09~48 公園
慢架 1回
雨降っていたのが小やみになって、これならできそうだとでてきたが、雨は止んではいない。桜の木の下でヤブ蚊を心配しながら拳を打つ。
前回の教室で学習を念頭に、ときどきぽつりと落ちる雨だれに靴先や肩を濡らしながら、まあ穏やかな時間を過ごした。
下勢に曖昧さが残っていてちょっと気持ち悪い。
右足の位置と向きをもう一度確認させてもらおう