0 comments
0 trackbacks

風邪気味で体調が悪く練習を控えた。
この数日の温度差にやられたか、扇風機をつけたまま寝てしまって身体を冷やしてしまったか。
いずれにせよ冴えない話だ。
咳は出るものの、頭痛は治まったので、夜の公園に出向く。
今日は我が武林に人影はなく、ただ虫の音のみ。

今日の練習
20:22~21:15 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩・倒でん猴
八門五歩 二つ
二日練習をしないと、抜ける。
半ばを過ぎて順番を間違えたことに気付いてやりなおす。
それでも、思っていたほどひどくはなかった。
片脚立ちでもあまりふらつかなかったのはちょっとうれしい。
スポンサーサイト
0 comments
0 trackbacks

ニュースを見ると腹が立って仕方ない。
全く自分のことしか考えない国家元首なんてあり得ない。
任期まで1年以上もあるのに、なぜ衆議院を解散するのか?
ひとえに、もりかけ問題から逃げるため。
ほかに、あまり問題視されていないがオリンピック招致疑惑だって火が着いたらけっこう面倒なことになるとでも考えているのかもしれない。
政治の私物化なんてものではない。
まったくの独裁者だ。
それにたいしてメディアが全く機能していないのも恐ろしい。
恐ろしいと同時にふがいなさに腹が立つ。
この国はほんとうにどうなっていくのだろう。

それにしても疲れのたまる休日だった。

今日の練習
17:58~18:42 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩・倒でん猴
八門五歩 一つだけ
できるだけ軽く、緩んでの弓歩。
力まず地面を蹴らずに動ける身体を作ろう。
今日はなんだか疲れた。
ああ、昨日と比べて異常に気温が上がったからそのせいかもしれない。
0 comments
0 trackbacks

昨夜から降り続く雨は、徐々に雨粒を大きくし、風もだんだんと勢いを強めている。
規模を大きくしつつある昨今の自然災害は、とどまることを知らない。
これ以上被害を出さずに去って行って欲しい。

便利でなくて構わないから(個人的には4,50年前の生活でも充分なので)エネルギー消費を抑えて、竜巻の起こらない、バカみたいな豪雨に襲われない日本にしてほしい。
飛行機も船ももっと減らして流通を抑え、近場のもので生活するようにして、とにかく環境負荷を減らさないと、もう取り返しのつかないところまで来ているように思うのだが。  

今日の練習 
9:15~12:00 教室
講義 十三勢から文武双修まで→太極文武解というプロセス
   川字歩(振り子の足)
   上から緩める 下から緩める
質問 八門五歩について(細部を確認、説明を受けて練習)
慢架 
修正 手首をしっかり起こす(高探馬など)
推手

先週は休んだので二週間なのだが、そんな気がしない。
この一週間も忙しかったと言うことだろう。

疲れすぎてはよい練習はできない。
疲れない程度に仕事を抑え、父の介護ともバランスをとって自分の時間を確保しなくてならなし、なかなか難しいものだ。

頑張りすぎはダメ。決していいものにつながらない。
できないことは思い切って切り捨てていかないと自分の時間が侵蝕される。
自分の時間が蝕まれると、それを犯すものを敵と見なしてしまう。
この思考パターンは避けたいものだ。
太極修練は自分との折り合いの付け方でもある。
0 comments
0 trackbacks

遅い帰宅だったが、まずは太極拳の練習である。
やはり身体が求めるので、夕食返上で公園へ行く。
練習を始めてしばらくすると(10時半すぎた頃か?)気がつくとそれっぽい男性のシルエット。
やや、久しぶりのY氏ではないかとちょっとうれしくなってしまう。
かの御仁は、ほぼこちらの真正面に近い場所に陣取り、北を向いて練習を始めた。
踏み込みながらの掌底での打突。両腕を真横に伸ばし、手のひらは立てて真横に向け、一歩一歩足を高々と挙げて歩を進める。
身体を捻りながら、開きながら?馬歩震脚のような動き。
心意把を思わせるような歩法。
極めつけは、一目見れば誰でも納得のあのポーズ。少林拳だ。
つまり、Y氏とは別のお方。
間違いないのでS(少林寺)氏と呼ぶことにする。

O氏、Y氏、そしてS氏と自分(呉式太極拳)と、すべて拳種の違う修行者がひそかに棲み分けているあの公園はある意味武林だ。

今日の練習
22:08~23:10 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩・倒でん猴
八門五歩

片脚立ちが安定しなかった。
腰が据わっていないような感じで、頼りなかった。
また、<木>の着地が今一つためがなくて、足で地面を蹴ってしまっている。
この数日、練習をしない日があったためか、体の使い方が微妙にずれているようなもどかしい感覚があった。

0 comments
0 trackbacks

仕事が混んできた。
今週はけっこうタイトだ。
忙しくても、それなりに意味があれば自分を納得させられるのだが、あまりに無意味だとひたすら徒労感が増すのでそれが怖い。

今日の練習
21:28~22:11 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩・倒でん猴
なんとなく、動き、姿勢に安定感がない。