0 comments
0 trackbacks

このところ、朝食を摂っていると 南側の棟のアンテナで「ピッ ピッ ピッ 」というような鳴き方をする小さな鳥がいる。朝に向かってちまっと止まっている姿がかわいらしい。
ピリピリと尾をふるわせているのが見て取れるので、スズメや四十雀より大きい。(始めは四十雀と勘違いしていた。)ちょっと丸っこいシルエット、やや下に降ろした長めの尾羽…。

朝の忙しい時間なのでまじまじと見てもいられず、二三日は、今日もいるなと思っていたが、そのうちに、鳴き方も鳴き声も姿形も、「こいつ、知っているぞ」と、記憶の中からスーッと浮かび上がってきた。

…モズだ。確かに自分が中学生くらいまで、実家の近所でわりとよく見かけた。もちろん、スズメや四十雀、目白ほどではないが、それでも季節によって、その姿をわりと高めの枝や、電線の上に見ることがあった。
ときには「はやにえ」になったトカゲやカナヘビを低木の枝先に見つけたりもしたっけ。
なんだか、すごく懐かしい気がして、以来、朝食を食べながら窓を少し開けて、アンテナ先に佇む姿を見るのが、朝の密かな楽しみになっている。



今日の練習
23:17~42 室内
スワイショウ 25分

今週もなんとか無事に終わったが、流石に午後になるとくたびれてきて、気持ちだけは頑張ろうと思ったものの、やることと空回りが出てきた。背中にも疲れた凝り固まってきている。
そんなに危なっかしい日々を送っているのかと大袈裟に感じるかもしれないが、けっこう毎日がスリリング、神経を使って仕事をしている。
と言うわけで、肩甲骨のあいだの硬さを何とかしたくて、スワイショウ。
基本的に脱力するのだが、ときどき小指の先までの繋がりを意識してみたり、背骨を中心に肩甲骨を広げて伸ばすように(力を入れずに、気持ちだけ)してみたり。

途中で、何度か眠りそうになった。同じ動作の繰り返し、力を抜いて揺れているのが心地よかったのだろう。立ったままなのに、我ながら器用だと思う。

明日は、卒業して、はや30年になる高校時代の同級会が五時半から開かれる。昼間に別件で用事もあり、教室は休むことに。残念だ。
スポンサーサイト

穏やかな日曜日

知らぬ間に

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)