0 comments
0 trackbacks

なんだか秋らしい秋のないまま冬に突入と言うことになってしまった。
暑すぎる夏、足早に訪れる冬。
「四季折々」というのがこの国の風土を表していたと思うのだが、温暖湿潤な、しっとりとした日本の一年はどこへ行ってしまったのだろう。
自分の子どもが初めての秋をじ充分に味わえなかったのが残念。

わが娘だが、次の土曜日には7ヶ月を迎える。
半年をこえて、目立ってきたのは、ころころと左右どちらにでもよく転がれるようになったこと。腹ばいの姿勢から両手両脚を上げてスカイダイビングのように反り返るのができるようになったこと。
とくにこの2週間くらいは唇を閉じて「ぶー」と息を吐く、そばにいるとつばが飛んでくる。

で、とうとうこの3日くらいは唇を閉じた状態から勢いよくパッと声を出すようになった。実際には「んばっ」「ヴァッ」と声を出すのだが、飽きもせずに繰り返し繰り返しやっている。面白くて仕方がないようだ。

発声に関して言えば、いままでも声だし遊びはよくやっていたが、それは「あ~」とか「い~」とかのいわゆる母音、或いは「ん゛~」のような口を閉じたままの唸るような声。
それに対して、この「ばっ」([ba][va])は、唇を使った子音(破裂音)と母音の組み合わせで、日本語の音声としては典型的なものになっている。本人も、工夫が必要なこの発音が面白いらしく明らかに「この音」を出そうとして繰り返し試すようにしているようだ。
ようやく、言葉の一歩手前まで来たように感じて、なんだか無性にうれしい。





今日の練習
13:55~16:50 北区施設
身体ほぐし 20分

走圏 熊形25分・龍形20分

掌法 50分  
 単換掌 双換掌 順勢掌 三穿掌 揺身掌 転身掌
 反背錐

対練
 走圏対打?(対練?)
 穿掌対打 左右 前後
 圧掌
 迎面吸化掌
 単換掌対打?

先生と単換掌の対練したら、こちらが渾身の当たりを食らわせてるつもりでも、鼻の頭をポリポリしながら何事もないように受けられて、虚しいのなんの。
そんで、先生がちょっと当ててくると、まるでクルマにぶつかったみたいに吹っ飛ばされる。だっは~!

もちろん、当然のことだけど、もう少し、先生に手応えを感じさせてみたいと思う。

練習が終わったあとで、両肩の後ろ側(脇から肩胛骨下当たり)が、ダルーくなって、携帯でメール打つのもかったるい。いやあ、いい練習になったなあ。
スポンサーサイト

知らぬ間に

10月最後の日

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)