1 comments
0 trackbacks

7日から11日まで、伊豆で一泊、式根島で三泊の行程で出掛けてきた。
8日の9:20下田発アゼリア丸で午後1時近くに式根について、11日は9:50の高速ジェット船に乗って帰ってきたので、実質的には、丸3日に満たない忙しい旅行だった。

式根島野伏(のぶし)港 そのまんま
2010.08【式根】 (53)

東海汽船の式根島営業所 と 連絡船「にしき」新島・式根(にい・しき→にしき)
2010.08【式根】 (3)

出港するにしきと漁船
2010.08【式根】 (6)

泊海岸 貝殻みたいになっていて、とても穏やか
2010.08【式根】 (13)

大浦 馬の首(馬が水を飲んでいるような奇岩)
2010.08【式根】 (18)

今回カヌー(シーカヤック?)の体験教室に参加した大浦の海
ここから神引(カンビキ)へ回ってシュノーケリング・
大浦の前を横切って反対側の吹きの江へ入ってシュノーケリング
2010.08【式根】 (19)

翌日神引きから見下ろすと、前日泳いだ湾が一望できる。
水中の様子が手に取るように見える。式根の海だ。
2010.08【式根】 (30)

台風の影響もあってか、10日はほぼ一日雨、昼を食べに入った店で顔なじみのマスターが忙しそうだったのでつい手伝いに回って、気がつけば自分の昼飯そっちのけで3時近くになっていた。注文とりから食器の引き下げ、テーブルを整えたり、洗い場に回ったりと、最近中学校ではやりの職場体験学習とやらのようだ。
島で暮らしていたときも、他の客の出たあとの皿を戻して自分の席を作ったり、できたものをお客さんの席まで運んだりしたことはあったが、12時前から3時まできっちりと働いたことはなかった。
やったことがないことは、楽しいものだ。まして、いきなり本番という場面は、それなりの緊張感もあり、いい勉強になった。店全体を見渡しながら、今何をすべきか絶えず判断しながら動く。分からないことは躊躇せず意に聞く。聞こうか聞くまいか迷うのは時間の無駄であるばかりでなく、間違いを減らすためにも必要なことだ。間違えればやり直しが待っている。忙しいなさか、そう言うトラブルは致命的だ。
また、そう言う自分を受け入れて、マスターがこちらをどう動かすかも勉強になった。
これも、天の思し召しか。


というわけで、今日は朝早く目覚め、何となく始めた。

今日の練習
5:05~20 室内
内功 15分

本当に久しぶりだ。こんなに行進が空いたことは今までない…と思う。
仕事帰りに駅のホームで怪しまれない程度に扣歩擺歩の練習とかはしているが、それとてほんの数歩のこと。たかだか15分でもまとまって時間がとれたのは今日くらい。
いや、毎日朝早く起きてやっていればいいんですよね。はい。
でも、しっかりと背中に汗をかき、滴がつーっと腰まで落ちてくるので、仕事のある日はやりにくい。
昨日、戴氏心意拳の王喜成氏の動きを動画サイトで見たのも、ちょっと刺激になったのかもしれない。AYBさんに感謝。
スポンサーサイト

7年…

会食、練習、会食

comment iconコメント ( 1 )

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

comment avater - [Edit] 2017-08-22 04:56

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)