0 comments
0 trackbacks

昼間子どもがよくぐずった。そのぶん夕方から夜は本当によく眠って静かだった。
寝て起きて泣いて飲んで、出すもの出して、また寝て起きて…その繰り返しで、生後20日にして3,480g。出生時が2,900で、入院中の最低体重が、確か2,660gだったから、その後820gの増加。底を打った時からだと、一日平均50g近い増え方だ。確かに顔なんか一回り大きくなっているし、足も太くなった。お腹なんかひっくり返したカエルのようだ。臍はあるけど。
ものすごい成長ぶりにほとほと感心する。


今日の練習
21:55~22:35 室内
力を抜いて立つ練習 5分
タントウ功 30分
身体を緩める 10分
昼間妻と話していて、よく力が入っているところを抜くと言うが、実際には(具体的には)自分たちの身体は、どういうことをしているのだろうと言うことになった。たまたま抜けた時はそれとわかるし、いい感じになるのだが、自分がどうやっているのかはわからない。難しいもんだという結論。
ここのところの、自分の身体を考えると、どうも力を入れなくていいところに入ってしまい、抜くに抜けない状況になっているように思える。当面はそこを探ることにしてみるのも悪くないと思い、タントウのときは、極力自分の身体を探るようにしてみた。詰まったと感じるところ、姿勢を保っているうちにきつくなってきたところ、どうも力は入って頑張ってしまっているようなところ。
感じるには感じるが、抜くの緩めるのというだんになるとうまくはいかない。でも、このやり方はしばらくやってみていいと感じた。

それから、ちょっと面白かったのは、タントウ功をしている時、両方の胯にベアリングがついていて、そのうえを底が楕円形になっている胴体が滑っているような、すこぶる軽やかな感覚があったことだ。タントウとしていいのか悪いのかわからないが、胯の具合としては悪い感じはしなかった。
スポンサーサイト

じみじみありがたい

家で過ごす日

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)