2 comments
0 trackbacks

昨日の雪は、久しぶりに楽しませてもらった。
夜、わざわざ散歩に出掛けたくらいだから、喜んで庭を駆け回る犬と同じか?

後の始末を考えると面倒くさいものではあるが、一面に降り積もって、見慣れた風景を全く違ったものにして見せてくれるこの雪というものは、やはり心を誘うものがある。

朝のうち少しだけ、雪の楽しみが残っていた。

雪の朝 (1)
職場近くの民家。古風な建物と木立に囲まれた広い庭が魅力だ

雪の朝 (2)
朝日に雪が解けるのを待つかのような蝋梅

雪の朝
もう、咲いてから日が経ち、さすがに香りは薄まっているが。
いい気分で職場の玄関を入った瞬間、そうだ雪かきをしなくては、と思いだし、同僚とともにガシガシと雪かき。
20分くらい、路面に張り付いた雪(氷?)と格闘。たまにだから楽しいけど。朝からいい運動になったし。


今日の練習
21:10~22:10 室内
タントウ功 40分
大起式 5分
スワイショウ 15分
やはり、意識は腕や肩、背中に行ってしまい、ふと気がつくと胸が前に出てきて、腹や腰がゆったりとはしていない状態になってしまう。腰が満ちてくる気持ちよさがなかなか出てこないのはもどかしい。
もっともっと全身に意識を持って行かなくてはならない。それも絶えず。
そんななかで、肘を下げることにわりと気が行っていた。
龍形走圏のときも、しばしば言われる基本なので、そこにつながっていくものとしてきついところを頑張ってみた。
下手くそでもそれなりにはやっているためか、ただ立っているとは言え、体温は上がってくる。楽しい。
そうだ、以前やった八十八式のビデオを見て、流れを確かめておかなくちゃ。
スポンサーサイト

腕が…

ぶり返した?

comment iconコメント ( 2 )

日々の練習お疲れ様です。
やり続けてわかることもあります、がんばってください!

写真は小金井のあたりでしょうか、雪のつもり具合がいいですね。


comment avater 三工吐専 [Edit] 2010-02-03 14:51

ふおおっ
そうですよね。励みになります!
しばらくこの要領で練習して行ってみようと思います。ころころメニューを変えてしまうと変化がわかりませんので。

八十八式は身体で覚えないとすぐに忘れてしまいますけど、ちょっとおあずけです。

comment avater ざしきぼっこ [Edit] 2010-02-03 22:35

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)