- comments
1 trackbacks

暫時、休会のお知らせ

~小金井教室は2009年11月をもって休会となりました~

発足から1年3ヶ月、会の維持に努めて参りましたが、
世話人の勤務状況が変わるなど、平日の活動運営が非常に難しくなりました。
掌友会会長江口博先生と協議の上、会員のみなさんにもご同意いただき、
この度、小金井教室をしばらくのあいだ休会とさせていただくことにいたしました。

応援、ご協力いただきました会員の皆様、ありがとうございました。
江口先生には毎週お世話になりました。改めてお礼を申し上げます。

掌友会十条教室は、今までどおり土曜日と日曜日に活動しております。
今後は十条教室でお会いしましょう。

なお、機会があれば、小金井での講習会や体験教室など企画したいと思います。
その際には、どうぞよろしくお願いいたします。


~活動の足跡として以下の文面は残しておきます~


馬貴派八卦掌・戴氏心意拳を基礎・基本から徹底指導!
使える武術を身につけませんか?


本教室は、掌友会代表である江口博先生に、馬貴派八卦掌を基礎から学ぶことを目的としています。これまでは活動の拠点が都心部中心だったため、指導を受ける機会を多摩地区にもと考え、1年前に発足しました。この度、戴氏心意拳も新たに教授できるようになり会の名称も「中国伝統武術 掌友会」となりました。また、希望があれば太極拳も指導していきます。
引き続き、世話人は私(ざしきぼっこ)が勤めさせて頂きます。

*日時 毎週金曜日 午後7:00~9:00
*会場 JR武蔵小金井駅周辺の施設

見学・入会は随時受け付け中!連絡は下記 お問い合わせ先まで
(コメント欄は問い合わせ先ではないのでお気をつけ下さい。)

会の詳細はこちらをご覧下さい。




《小金井教室について》
 現代において武術を学ぶ目的は、「健康のため」、「ストレス解消に」、「物騒だから護身に」と、人それぞれですが、本教室は武術としての「使える八卦掌」を目指します。当然のことながら、地道な基礎練習(走圏)を重視し、練功を通して体を変えていきます。体ができてきたら、どんどん対練をしていきます。そうは言っても、身体を強健にしていかなくては何もならないので、健康のためにはじめたいという方も大歓迎です。
 また、今後教習されていく戴氏心意拳は、江口先生曰く「おいしすぎる門派」だそうです。特に丹田功が素晴らしく、力をつけて行きやすい練習法がきちんと遺されています。私も、講習会に参加して、シンプルだけど、奥が深く、そして実践的だと感じました。

 派手でなくても、地に足の着いた息の長い教室にしていきたいと思っています。老若男女を問わず、多くの方の参加をお待ちしています。

*入会資格 
 ・(小学生以上、男女不問)
 ・武術として、また養生として中国伝統武術を学ぶ意志のある人
 ・一日10分でも練習時間を作る努力ができる人
*小金井教室は掌友会の所属となりますので、会則・月謝・入会金等は掌友会に準じます。
 

掌友会HPはリンク集トップをクリックしてお入りください。

お問い合わせ先 掌友会代表 江口 博 
℡:090-9306-9266
Mail: maguibagua@yahoo.co.jp

なお、メールでご連絡頂くときには、お名前と、携帯番号などの連絡先を頂けると、こちらからもご連絡しやすくなりますので、そのようにお願いいたします。

《馬貴派八卦掌とは》
 馬貴派八卦掌は、太極拳と同様、中国の伝統武術です。個人の体力、年齢に応じて学習することが可能で、運動経験や年齢、性別に関わらず、誰でも、いつからでも始められます。無理に低い姿勢をとったり、反動をつけた激しい動き等はしないので、怪我の心配がありません。
ただ、独学独習は難しく、正しい方法で継続的に練習していかないと、期待する効果は現れてきません。一人で練習する時間はもちろん必要ですが、仲間と共に継続的な指導を受けて、正しく楽しく八卦掌を身につけましょう。 
【練習内容】
①走圏(熊形・龍形)
②掌法(単換掌・双換掌・反背捶・探掌・帯手・順勢掌・三穿掌)
③単式の練習(撞掌・蓋掌その他)
④套路:八十八式
※すでに経験のある方はこれらに加えて対練(換掌対練・穿掌対練・迎面吸化掌 ・圧掌対練など)をしていきます。
※指導内容は、個人の状況に応じて江口先生が判断し、丁寧に指導されます。

《戴氏心意拳について》
全ては丹田功にある。といっても過言ではありません。この一見地味で華やかさのない門派は、しかし、形意拳やその他の武術に大きく影響を与えたと言われている中国武術の祖ともいえるものです。今まで永く門外に出しませんでしたが、近年その禁がとかれ、私たちでも学ぶことができるようになりました。
丹田功を積むことが、そのまま歩法、発勁の基礎になります。回り道はありません。その単刀直入さが、この戴氏心意拳の凄いところでしょう。
【練習内容】
①丹田功(基本功)
②虎歩など、基本の歩法 
当面はここまでを繰り返します。
③套路【今後追記していきます】

《江口先生について》
 さて、指導に当たられる江口先生ですが、武術歴は長く、10代から長拳、蟷螂拳、楊式太極拳等を実戦的な武術として学んでこられました。10年ほど前に馬貴派八卦掌に出会い、「武術としての練功法や身体操法が要求として正しく保存され、極めて高いレベルで今に残されていることに感銘を受けた。」そうです。以後、中国を訪れるなどして、馬貴派八卦掌を学び続けています。
また、縁あって2009年10月に戴氏心意拳第五代衣鉢伝人の王映海老師に拝師し、六代伝人の喜成老師をもり立て、主に関東地方での普及指導に努めることになりました。



スポンサーサイト

背面筋肉痛

若い芽を潰せ!

trackback iconトラックバック ( 1 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログはじめました。

はじめまして。どうぞよろしく^^

trackback avaterdiary*

2009-04-15 09:51