FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

疲労が心身ともに溜まり、二日ほど寝込んだ。
身動きできないというのは(比喩でなく)心身の双方に響くものだと感じた。
そんなこんなで、なんと火水木金土と5日間全く練習をしなかった。
よい練習をする(続ける)ためには、ストレスを溜めない日常が必要なのだとつくづく。
それができないのが、現代なのかも知れないが。

今日の練習
9:00~12:00 教室
太極刀
慢架
盤手
刀:
いくつかの回転について、重心をどこに置くか
慢架:
雲手の腕の動き 左肩のつまった感じ→腕は自然落下 胸との角度を90°に保って降ろす。
雲手の練習後、外側広筋、内側広筋、大腿直筋に軽い筋肉痛のような感じが残った。
雲手は姿勢が難しい。
→腰を落としすぎず、体重は後ろより
野馬分鬃の腕の角度など
→はじめ4回の腕の運び(角度や方向)と5回目の腕の運びは、はっきり区別する。

誤解
開胯は股関節の外旋ではなく、恥骨結合が開くこと
骨盤を常に正面に向けること、そしてその状態
スポンサーサイト

骨盤を正面に向ける

いつもの月曜日が始まった

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)