0 comments
0 trackbacks

今からでも遅くない。1000億円単位の違約金を払ってもいいから、オリンピックを辞退しよう。
2兆円では収まらない「負のレガシー(まごまご3兆円とも)」を回避できる。
駒沢の競技場建設では入社一年目の建築会社正社員が月200時間超の時間外労働で過労自殺をしている。
23歳だという。
今後ますます時間に迫られ、できないことをやれと言われたら、あの会場の柱一本に1人ずつ人柱が立つことになるだろう。
これで2020東京五輪は人の命を削り取って完成する呪われたイベントとなった。
俺はあの競技場に決して足を踏み入れまい。

かつてオリンピックを辞退した前例もある。
規模は違うが青島都知事は「世界都市博」を中止した。
物事を「やめる」のにはとてもエネルギーがいるし、既成の受益者は抵抗する。批判も当然出る。
でも、無責任に実行しあとに無用の長物を残すよりもはるかにいい。
雪かき仕事と同じだ。雪をかいたおかげで起こらなかった事故や被害をどれだけ減らせたかの検証はできないが、そこで汗をかいたおかげで起こるはずだった「負」の現象が避けられているはずなのだ。

今日の練習
5:13~53 公園
慢架 1回
軽く汗ばむくらいのいい感じの練習になった。
いま難しいと感じるのは野馬分鬃だ。たとえば右腕を下ろして左腰の方を持って行くときに腰椎は左へ捻る<水>。
右腕を上げながら<日>、右足を前に出し<土>、右腕を正面に向けながら左腕はややひらく<火>。
このとき重心は前足にかかる<金>。

この流れでいいとして、問題は<火>の動き。
顔の向きが右手を追う形でいいのか、右手とは関係なく西を向くのか。でもそのとき腰椎は捻れを戻す動きになるはず。
するとやはり顔は正面を向いたままこの一連の動きをしなければいけないようだ。
教室での質問としよう。
 
昨晩もというか今日の3時頃から父親がなにやら騒ぎはじめ、母親と対応して4時。
練習をやめようかとも思ったが、こんな時だからこそやることにした。
9時から5時までの研修が今日で三日目を迎える。午後が危ないなぁ。
スポンサーサイト

台風の影響?

雑感2 これが噂の…

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)