0 comments
0 trackbacks

ちろりん村の実のなる木
今まで見たことないけれど
なんだかとっても気になる木

全景
2017.06.04 (7)

枝の先 木の実
2017.06.04 (9)

葉の大きさ 手のひらとの比較
2017.06.04 (10)

幹の様子
2017.06.04 (12)

さて、いったい何の木なのか。
ネット上の図鑑をいろいろ見てみたのだが、検索が下手なのか探しあぐねている。
どなたか、ご存じの方がおられたら、コメントいただけるとありがたいです。
(いったい何の記事だ?)

で、
今日の練習 1
9:00~12:00教室

講義 胸骨と骨盤に、いかにじゃまをさせずに動くか
 太極拳の動きは筋力をつかうものではない。
    ただ、『きちんとした動き、正しい形』を求める過程で、人間は筋力を使って補ってしまう。
    だから、脳をからっぽにする。
        ふんふん。~言葉では何とかついて行けるんですがと、心の声
    必先有事について 今日、教室に来るときの電車でのできごと(自分の体験として質問してみた)
慢架 将展未展を丁寧に
推手 腹を出さない 自分から動くな
質問 双擺蓮・弯弓射虎、高探馬から撲面掌まで
   双擺蓮で右足を着地したあとの体重移動と身体の傾き、視線。
   撲面掌は手のひらを作ってから前へ。ろう膝拗歩とはっきり区別せよ。


午後から「原子力・エネルギー教育研究会」という団体が開く『被災者の被るストレスと「放射線健康不安」』というシンポジウムというか学習会というかよく知らないが、話を聞きに行く。
行ってってみたら、かなりこぢんまりとした集まりだが「島薗進」という人を呼んでの講演会のようだった。
机が口の字に並べられていたので会議のような距離感。
3.11以降、原子力発電への懐疑、放射線への不安はもとよりそれでもエネルギー政策を変えようとしない政府への不信感は増大するばかり。
特に、閣議決定で憲法解釈を変えてしまって以降ひどいことばかり続いているので、原発事故や原子力災害についてはちょっと頭の隅においてしまっていたが、改めて、何もなされていない現実やチェルノブイリとの違い(悪い意味で)など3.11以後のことが怒りと共によみがえる。
3月31日をもって被災者を切り捨てた国
「調べない。知らせない。助けない。」
まさにその通りだ。情けない。

そして、それでも自分のいつもを保つため
今日の練習 2
18:03~43 公園
慢架 1回
今日のおさらいはやはり今日のうちにしておかないと忘れてしまうと言うか抜け落ちてしまいそうな気がする。
スポンサーサイト

なんとか

胃もたれ太極拳

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)