0 comments
0 trackbacks

過労死問題に長年取り組んでいる弁護士の川人博さんの講演会に参加。
電通の髙橋まつりさん過労自殺にいたる日本社会の労働史からのとらえはなるほどと思う。

富岡製糸場の世界遺産登録で観光客がたくさん来ているとのことだったが、民営化されたあとの工女の自殺や病死など、日本の経済発展の裏には、過酷な労働環境で犠牲になった多くの弱者たちの屍が積み上がっている。

この構図は今に変わらない。
日本の資本主義経済はこうして成立している。
でももういい。
社会に適応するのではなく社会を疑い変革していく、それが真に主体的なこれからの若者たちの生き方だ。
既存の枠を固めて行き詰まっている古い頭に従う必要はない。
今の適応主義は奴隷への道。
社畜という自虐的な言葉の意味するものはなにか。

とてもまじめになっていろいろ考えてしまった。
 

今日の練習 1
5:45~7:09 公園
慢架 1,5回 
八門五歩
目覚めたら5時半、これはまだいけるとすぐに支度をして公園に。
雨のおかげで地べたの具合はよかった。
公園の隅っこを使ったので、ラジオ体操が始まろうが、太極拳グループが音楽を流して練習しようがこちらは気兼ねなくできた。
ただ、教室に出かける関係で、二回目の慢架は野馬分鬃までで切り上げたのが残念だった。

今日の練習 2
9:00~12:00 教室
講義 
質問 
 斜飛勢 身体の向きや五点、姿勢はやや前傾 左足はすっと出す
 海底針 左手の動き→肘を徐々に鳩尾を守る位置に 掌は顔の中心に
慢架
推手

今日の練習 3
22:00~22:43 公園
慢架 1回
教室のおさらいをする。
スポンサーサイト

昨日の今日で

雨が上がる

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)