0 comments
0 trackbacks

自分の書くことが中途半端だったり、誤解に基づいていたりすると研究会ひいては先生に迷惑をかけることになると思い、詳細を述べることは控えてきたが、先日自由に書けと了解を得たので改めて記す。

去年の8月から呉式太極拳(上海鑑泉社)の五代伝人沈剛先生の呉式太極拳研究会に入会し、以来7ヶ月が過ぎた。
1963年生まれの先生は自分より3~4ヶ月ほど後の生まれということになる。
年が近いというのはそれだけでも親しみを感じるが、先生はあくまで先生であって、礼儀は尽くさなければならない。
半年以上通って、いい教室に出会えたと確信を持って言える。

今日の練習
21:35~22:10 公 園
慢架 1回

どうしても雑念が湧いてきて、職場のことをあれこれ…
あるいは指導いただいたことを思い出しながらうごいてみるが、それはそれで自分の動きを縛ってしまうようだ。
なかなか難しいことだが、よろめき倒れそうな太極をめざしてみようと思う。




スポンサーサイト

ようやくの週末

月曜なのに、この疲れ…

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)