0 comments
0 trackbacks

公園の梅の木にうぐいす?すぐ目の前に!
梅に鶯なんて実際にはそうそう見られるものじゃない。
そのあといきなりけやきの梢に上がってしまったので、しっかりと確かめることができなかった。
ほかには、メジロ、シジュウカラ、百舌、つぐみ、ひよどり、などなど
ちろりん村と名付けられているこの公園は、畑に囲まれているためか意外に野鳥がくる。
個人的にはとてもうれしい。
ただ、鳥の種類がわかりにくいと、気になってしまうのが困ると言えば困る。。。

今日の練習
9:00~12:00 教室
八門五歩
講義
慢架
質問

套路は物々しくしない。
止まらない、止めない。
力まない。用法を考えない。
下を見ない。

修正を受けたのは、高探馬の腕の位置、左右の手の関係。
翻身双擺蓮から弯弓射虎へ至るところでは腰椎の動きで肩に固定された腕を動かす。
さらに右手を顔に近づけることと左手とで棒を持つような感覚。
翻身撇身捶の右拳の握り、続く上歩搬攔捶から上歩攬雀尾への上体と足の動き・タイミング。
今まで曖昧で気になっていたところがそのまま修正を受けて納得。

撇身捶と搬攔捶の違いももう一度質問してスッキリ。

最後にこのブログのことを相談。
好きに自由に書いたらいいとのこと。

練習 2
18:13~49 公園
午前中の指導をふり返りながら慢架を一度
一度も下を見ないで(指擋捶だけ下を見たが)終わりまでいけた。
全体的に、なんだかいい感じで動けた。
腰の力を抜くというのが、まだ実感できない。
スポンサーサイト

月曜なのに、この疲れ…

お湿り

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)