0 comments
0 trackbacks

コゲラ、鶯、鵯(ひよどり)、椋鳥、河原鶸(カワラヒワ)、シロハラ、鶫(ツグミ)。
父親との散歩で見かけた野鳥の数々。
鶯は地鳴きをしているのを捕らえ、遊歩道わきの植え込みの中を覗いたら特徴のある顔つき。
梅は満開だが、その枝にとまることはない。高い梢の先でさえずるか、藪のなかで鳴くか。
その姿を見ることはなかなかできない。だからメジロを鶯と勘違いする人が後を絶たない。
あんな緑色をしているものか。シルエットも全く違う。
いずれにせよ地鳴きをする鶯を見られたのは眼福だった。
シロハラも初めて見た。おそらく冬毛というか冬羽をいうか、そしてたぶんメスだと思う。
でも、もしかしたら、二〇年以上前に高尾山で同じものを見ているかもしれない。
ただ、当時はアカハラだと思い込んでいたが。

今日の練習
17:53~18:58 公園 
慢架 2回
やはり撇身捶と搬攔捶の違いがわからなくなってきた。
それから、高探馬をあとの腕をクロスさせるときの勘所を聞きたい。
スポンサーサイト

おぞましい

春めいて

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)