0 comments
0 trackbacks

2016.12.11 (14)

2016.12.11 (17)

いまの自分にとって、日常の生活の節目にある日曜日の午前。
貴重な3時間が終わった。

楽しんで学べる時間なので、単なるストレス解消とは違う。
が、日ごろのあれやこれやを忘れて没頭できる点で、やはりある種のストレス解消法にはなっているようだ。
なんだか、12,3年前の八卦掌の時と似ているかもしれない。
あのときはもっと切迫していたかもしれない。
八卦掌に没頭することで自分を保っていた節もある。
今は、太極拳をしているおかげで、自分をリセットして次の一週間に臨める。
それに、何の野望もなく、ただただ養生につとめているので、穏やか、かな。

それに、ロケーションもいいのだ。
広すぎず、かといって狭くもなく、周辺の建物も低いので空が広い。
自宅周辺とはここが大きく違う。
何しろ10階建ての都営住宅が屏風のように視界を塞ぎ、日を遮り、むやみに変な風を吹かせる。
それでもなにもないよりはマシだが。

今日の練習
9:00~12:00 教室
慢架 
推手
 慢架部分練習
 ありがたいお話

印象に残っていることとして、言い古されていることだが<ひとつが動くときは全体も動く>
そのほか、実感の伴わないことなので理解はできないが<筋肉で動く、骨で動く>
練習の方向としては<できないことが今の状態なので、それでよい。あとは続けるだけ>

学習を深められたと感じたのは収斂入骨。
虗歩の効用。

昨日も書いたかもしれないが、今日の練習のさなかに感じたこととして、攬雀尾の時の感覚が少し変わったこと。
ぎくしゃく感が減ってきた。これが、<今の状態>なのだろう。
やっていくうちに自分の身体が変わってくると、それは動きの変化につながってくる。
そのくりかえし。螺旋階段だ。
スポンサーサイト

いろいろな考えを

アニメ 『3月のライオン』について

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)