0 comments
0 trackbacks

昨日、室内での練習はやりにくかった。
あんなのはとても耐えられないとばかりに、雨が上がりきってはいなかったが、薄暗いなか外へ出た。

今日の練習
5:15~6:15 公園
慢架 三節63式手揮琵琶まで
歩法
時間があっという間に経ってしまう。
出勤前の練習なので6時15分には上がらなければならない。
充分にあれこれ考えながら繰り返し練習できるのは、帰宅後の時間か、土曜日の朝か。

練習その2
20:45~21:50 公園
慢架 三節 63式手揮琵琶まで
八門五歩
風が強くなり、気温も下がり始めていた。
おかげでギンナンがずいぶん拾えた。
朝は虗歩を意識してみたが、どうも安定しなかった。
調子のいいときと悪いときの落差がおおきく安定していないのだ。
単に重心を後ろに持って行けば安定するというものでもない。
疲れが残っていると調整が難しくうまく立てない。

夜の練習では弓歩になるときの体重移動(前に出ている足に具体的にどのように体重をかけていくか)に重点を置いてみた。
これはなかなか面白い。
自然と動きが丁寧になるし、ゆっくりとやれるようになるから。
日々発見である。

イチョウの樹のそばで太極拳を打っていると、葉の茂っている合間に光が見えた。
場所をかえて、今度はまともに月明かりに照らされながら…。
なんともいいもんだ。
やはり、自然の中で息をついている実感がある。
スポンサーサイト

どういうわけだろう

終わらない人 宮崎駿

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)