0 comments
0 trackbacks

親の所に行き、筍を掘らせてもらった。
8時半から約1時間、7,8本を掘り起こした。

筍を傷つけないようにと深く刃を入れすぎると、竹の地下茎を持ち上げてしまって疲れるばかり。
地下茎から生えている筍だけを上手にとりたいのだが、だいぶ無駄な力を使ってしまったようだ。

こんなやり方では、仕事としては成立しないだろう。
まあ、畑のように整備された竹林ではないので、それなりに奮闘したとはえいるだろう。2016.05.01【筍掘り】 (2)

2016.05.01【筍掘り】 (8)

2016.05.01【筍掘り】 (11)

山本周五郎の短編に、百姓仕事をしている初老の武芸の達人の話がある。
この老人の振るう鍬は草の根木の根を見事に断ち切っていく。
いっぽう、弟子入りと願う若者は力に任せて鍬を振るうが、息が上がるばかりで少しもはかが行かない。

なんか、そんなことを思い出した。

一仕事のあとに、縁側でお茶を飲みながら筍と蕨を似たものや、ふきを頂く。
工夫してみたという芹の炊き込みご飯もおいしかった。

樹齢二百年をこえる柏の木を眺めながら、何とも幸福な時間を過ごした。

今日の練習
23:00~40 室内
丹田功
筋膜リリース
肩ほぐし
腰わりほか

つい仕事をしてしまった。
PCに向かって時間が経つと、とても首が疲れていた。
これではよく寝られっこない。とおもう。
スポンサーサイト

初夏の嵐?

みどり輝く

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)