0 comments
0 trackbacks

ギンナンを拾わせてもらっている公孫樹の木がある公園で、木に向かいながら練習。
空がだんだんと白んできて、気がつくと街灯も消えていた。

樹に向き合っていると、植樹されてからほとんど剪定されていないこの樹のかたちが、イチョウの木の本来の形に思える。
街路樹の多くは、まるでクリスマスツリーのように円錐形に枝を落とされて、下手をするとどこかの駅前のように小さな電球を取り付けられるのが最近の流行り。
しかも、LEDのひんやりとした灯りは何とも寒々しい。

夜は暗くていいのに。
葉を落とした樹の枝は、次の春に備えて新芽を育てているのに。

今日の練習
5:20~6:30 公園
丹田功
筋膜リリース
首・肩ほぐし
肩甲骨の運動


 
屋外で、地べたに両足をつけて練習するのは本当に久しぶりだ。
どうしても、重心を左脚にかけている。
この3ヶ月の生活で無意識にそんな癖がついてしまったのだろう。
まだ右足の踵など薄っぺらいような感覚がある。

でも、外で樹を見ながらというのは、やはりいい。

スポンサーサイト

物騒な

すっきりしない空が続いている

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)