0 comments
0 trackbacks

日課として小一時間の散歩をしている。
昨日、装具を調整してもらったので、具合を見ながらゆっくりと歩いた。

父親に声をかけて、カメラを持たせて出かける。
これとおぼしきものに目を向け、写真撮影のアドバイス。
コンパクトカメラも多機能になっていて、年寄りにはかえって使いづらいこともあるようだ。
ピント合わせや、構図など補助をしながら本人の納得のいくものを撮れるように…。

コースは先日歩いて見つけた、懐かしい風情の残る農家の周辺。
かつては鬱蒼とした屋敷林が高くそびえ、子供心に遠くから見るだけでも何となく怖かった。
だから、近くを歩いた記憶もなかったが、今日改めてみると、巨木と言えるような欅の木が何本もあったのだ。

いまでは、切り倒したあとが、樹齢250年を超える巨樹の姿をわずかに伝えるのみ。
そんな農家の敷地の中に、立派な蔵が。
kura.jpg
写真を母に見せると、「胸がきゅんとなった」という。
(胸きゅんとは恐れ入った)
郷愁、と一言で表せないものがよぎったのだろうか。

今日の練習
6:01~57 室内
丹田功
筋膜リリース
肩ほぐし

23:10~35 室内
肩ほぐし
筋膜リリース
丹田功

あまり、結果をあれこれ考えず感覚を楽しみながらやっている。
スポンサーサイト

オーバーワーク?

最終段階?

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)