0 comments
0 trackbacks

いままでこれほど8月15日を特別な日と思ったことはない。

と言うより、今までとはちがう意味で特別な8月15日だと、身体のどこかがざわざわとしているようだ。

これから10年後、「原発を再稼働し、どうしても戦争のできる国にしたがっている、どうしようもない男(と、それに連なる人々)との戦いに敗れた年」として記憶されるのか、ぎりぎりのところで、新しい方向へ舵を切り始めた再生の年として思い出すのか。
それを象徴する日として、胸に刻み込まれるだろう。

いつか、自分の子どもに「どうして、その時の日本人はなにもしなかったの?お父さんは何をしてたの?」と尋ねられるようにだけはなりたくない。なってはいけない。

当時の大人のせいで、わたしたちはこんなに苦しまなくてはならないんだよ。
生活のためにイヤでも自衛隊に入らなくちゃならない友達がたくさんいるんだよ。
なんで、こんな国にしちゃったの?

これが杞憂に終わることを願う。
いや、願っていても行動しなければ何にも良ならい。
こうしていると、じわじわと焦りに似た気持ちがわき上がる。

今日の練習
22:30~23:15 室内
丹田功
大起式(八十八式)
こうして立って練習ができるのもあとわずかだ。
来週の今頃は、手術した足のうずきにいらいらしていることだろう。
咳も治まったので、こんどこそ予定通りに入院、手術、そして退院。
その後の長い療養生活が始まる。


スポンサーサイト

晦日

ひさしぶりに「もののけ姫」を見る

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)