0 comments
0 trackbacks

昨日に続き、今日も国立駅前では声を張り上げていた。

昨日は広島の被災地支援のための募金を募っている市役所職員が13内至15名。
全員男性。でかい声がコンコースにひひきわたっている。

連日報道される被災地への支援は、確かに誰が見ても文句をいわれることではない。
たが、これが彼らの職務か?見掛けたのは5時15分くらいだったから、勤務時間外かも知れないが、女性職員がカメラを構えていたところを見ると、ネットや広報紙にでものせるつもりだろう。

組合などが、自主的にやっているなら、こういう運動では現職以外にも(つまり職員組合OBなども)応援にかけつけ、手弁当感が漂っているものだが、そういった多様性がなく、画一的。
いかにも「現職世代」が、しかも仕事できているとしか見えない雰囲気に、なんとなく違和感を覚えずにはいられなかった。

何か違うんじゃないか?
錦の御旗みたいで気持ちが悪かった。

で、今日は新党ひとりひとりの山本太郎が南口で。
立ち止まって話を聞いている人も30人~40人くらいはいたのではないかと思う。

やはり役者だ。
何も見ないで、決まり文句の連呼ではなく、話を進めていく。
生の身体から発せられる声というものを久しぶりに聞いた気がした。

今日の練習
23:35~45 室内
丹田功
続けなければと、練習を始めるといつも思うのだが…。
 
スポンサーサイト

ついに…

旅の縁

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)