0 comments
0 trackbacks

久しぶりに、本当に久しぶりに八卦掌の練習。

台風の影響で落ち着かない天候だが、それでもまずまずの地面だった。
頭から首にかけての凝りが余りにひどいので、医武同源というわけでもないが、外で走圏や掌法をしたら少しは具合がよくなるのではないかと公園に行った。

屋外で八卦掌の練習をするのは本当に久しぶりだ。

今日の練習
18:25~19:25 公園
熊形走圏
龍形走圏
単換掌
双換掌

反背捶
順勢掌
帯手
探掌
蓋掌
 

熊形は、余り低い姿勢を取らないように注意して歩いた。
長い間のブランクがあるので、股関節の外側がしばらくすると痛くなる。
要は、筋力が弱ってしんどくなってくるのだ。情けない。

でも、身体をねじってのぐるぐる歩きはいい。
腰を伸ばし(反らすのではなく)胸を落として歩いて行くと、いつの間にか時間が過ぎていく。

龍形を始めると、首から腰までが気持ちよく繋がる感覚がえられ、ちょっとうれしい。
そして、ふと頭に「中正」と言うことばが浮かんだ。
ここしばらく忘れていた言葉だった。

それくらい馬貴派八卦掌から遠のいていたのだと、改めて思った。


単換掌・双換掌はそれこそいやというほど繰り返した母掌だ。
懐かしいというか、これだけは意識しなくても身体が動いてくれる。
いや、「本当の動き」が分かっているのかと言えば、自信はない(つまり、実際に人に対して効き目のある動きができているかというとなんともいえない)のだが、途中で止まることはない。

ところが、順勢掌・反背捶ではしばらく思い出せなかった。
あれもこれもがごっちゃになってしまい順勢掌にいたっては、何度繰り返しても今日の練習では思い出せなかった。
ひい~。これはまずいですよ。

ただ、本当にいつも思うのだが、八卦掌の練習って始めるとあっという間に時間がたってしまう。
(そうはいっても、日常的には割ける時間は1時間がいいところだが)

で、結果として、今日の練習では首や肩の凝りが解消できたかというと、そこまでは行かなかった。
ただ、気分はいい。
自分には八卦掌があっているように思う。


さて、今日は『半沢直樹』9話。
結構、盛り上がりのあるところではあるが、同時進行であちこちの動きがあり、ここ一発のカタルシスという点では分散してしまったかなという感じだ。

でも、最後の最後で近藤さんやられちゃうし、どうやって大和田常務を倒すのか、ここでまた次回がいやが上にも見たくなると言う、にくい展開。

早速録画予約しました。


あ、ちょっと前に閉店したケーキ屋「POCO ポコ」。
10年くらいがんばってきたのだろうか、残念だったなぁ。
応援していたのだけど、立地が今ひとつだったことやマスターの事情もあったらしい。

で、その後に入った店が、昨日オープン。
今日、様子見に入ってみるとご飯屋さんになっていた。
『circus(サーカス)』
今日はコーヒーだけ飲んでおいとましたが、夜の定食がおすすめだとか。
おいてあるビールもヱビスだし(あとハートランドね)、何となく気に入りそうな感じ。
スポンサーサイト

もう10月

ああ、勘違い

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)