0 comments
0 trackbacks

歯を磨きながらできる腰割り…てなことが本に書いてあったので、たとえば、鏡を見たら腰割り、人気がなければ丹田功というふうに、ちょっとした場所と時間を決めておいてやってみるのも良いかと。

で、今日の練習
7:50~8:00 室内
腰割り
丹田功

腰割りは、股関節周りの筋肉に刺激を与え、動きやすくするために行う。
同時に、股関節の動きをもっと柔らかく自由に、そして、できれば股関節のゼロポジションを掴みたい。
丹田功で、身体を内側から練る。時間や場所を考えて雷声は発しないように、いわゆる軽動で行う。
ただ、軽動だけではなく、必ず重動も行わなくてはならないそうだ。
はい。やります。考えながら、感じながら。
スポンサーサイト

とにかく続けてみる

やっぱりね

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)