2 comments
0 trackbacks

昨日から始まった講習会、何とか午前から午後の部にかけて参加できた。

昨日の初めから参加したい気持ちもあったが、何しろ緊急事態の職場はどれだけ働いても追いつかない様なありさま。
昨日は流石に朝からは行けなかったが昼前から仕事場にこもり、帰ったのは午後9時半。
12時間はいなかったものの、10時間は超えた。
今日は何日ぶりの休みだったろう。身体がもつか心配だ。

さて、そんな中の講習会は、日ごろの枠から自分を解放し、仕事からも一歳切れた時間と空間に我が身を置ける貴重な時間だ。

講習会 室内
10:30~12:00 
13:00~16:00
戴氏心意拳
 丹田功
 虎歩
 寒鶏歩

いや、疲れたなぁ~。
感想の始めがこれではいけないと思うが、午後の練習の最中、実は眠くなってしまった。
午前中はほとんど丹田功だったので、エネルギーを使ったのだろう。
で、軽くだが昼食を摂ったのだが、そのためだろうか、頭日が回らなくなったようだ。
不思議なことだが、講習会のときは短い時間でも疲れ方が違う。
それくらい、何というか、空気が違うのだ。
練習もいつになくきっちりやってしまう。
結果、たいそう疲れる。

馬貴派八卦掌の講習会の時もそうだったけど。


戴氏心意拳の講習会は今回が二度目。
もう、3~4年前だったろうか、その時は王英海先生もお元気で、あの、仙人のような風貌が何とも言えなかった。
そして、今回久しぶりにお目にかかった王喜成先生は、前よりも一回りも二回りも身体が大きくなっていたように見えた。
でも、動きが速い。
それでいて全くぶれない(当たり前か!)。
それ以外に動きようがないかのように空間に位置している感じ。
上手く言えないが、中からはち切れそうなくらい充実した身体で、きっと体重もそこそこあるだろうに、本当に霊活に動く。
その動きが…何であんなに…。

江口先生が 王喜成先生を「羽のように軽く、鉛のように重い」と言っていたが、まさにそんな感じだった。
スルスルッと滑るように近づいてきて、気がつくと目の前にいて、もう打たれるしかないという状態になっている。


とまあ、感心すること驚くことはたくさんあるが、自分の練習についてだ。

丹田功は、以前の講習会でもかなりやった…気がしていた。

が、改めてやってみて、実は全然できていないことがわかった(悲しい)。
膝周辺の力でしゃがんで、そこから立ち上がろうとしている。
腰が引けている、つまりは出っ尻になっていて、丹田功でもっとも大切な(と俺は思っている)腰の張り伸ばしができていない。

練習を始めてしばらくすると膝上内側の筋肉がつかれてくる。
こんな所に負担がかかっているのは間違っている証拠だ。

それから、束身ができていない。
ただ、腕を胸の前で寄せているだけで、不十分だ。
胸を含んで、ぎゅっと蓄え、転身と同時にパッと解放する。
それが、上手くできていない。
首の角度ももう少しあげて、でも、視線は前。

発勁をする時には声を出すが、自分でも気持ちよく詰まりなくできたのは、今日一日の講習の中で1回か2回くらいだろうか。

いや、丹田功は「難しい」。
実はむちゃくちゃ難しい。八卦掌の走圏と同じように難しく、そして、重要な者が全て含まれている。

基本として生涯やり続ける必要がある点でも走圏と同じだと思った。


で、虎歩である。
正直、構えの段階で片脚になり、身法歩法の要求を入れると、立っているのが辛い。
安定して立てないのだ。
体重を掛ける脚も辛いが、つま先をあげて次の動きに備える段階の脚もつらい。
しかもそこから動かなくてはならないのだ。
自分がこんなにできなかったかとイヤになる。


寒鶏歩にいたっては、
動きを上っ面だけなぞるのが精一杯。


あれこれ書くとたくさんあるのだが、とりあえず今日はもう寝ます。


スポンサーサイト

不調

昨日も今日も…

comment iconコメント ( 2 )

お疲れ様でした。

無事にお帰りになられた様子で
安心しました。

夜の講習会からは皆だれ気味だったせいか
用法が多く、バンバンやられました。

戴氏心意拳は練習をつんで前段階ができれば
しっかりと上のクラスの練習にランクアップできる良い武術です。
戴氏心意拳自体が秘伝なのに、秘伝が無いくらい
良い武術です。今後も掌友会で続けて行きましょう!

comment avater 江口 [Edit] 2012-10-01 00:27

台風さえなければ参加したかったですね。
散々脅かされたので、早々に引き揚げましたが、「用法をばんばん」…羨ましい限りです。

良い武術だと言うことはよくわかります。
が、きちんと練習するのが難しいですね。これは戴氏心意拳に限りませんが。

でも、昨日講習会は参加してよかったと思います。ありがとうございました。

comment avater ざしきぼっこ [Edit] 2012-10-01 10:00

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)