0 comments
1 trackbacks

昨日漠然と、しかし、直感的に思ったこと。
馬貴派八卦掌を始めてかれこれ9年近くなる。
この1,2年はほとんど練習らしいことができなかったので、実質的には7年くらいかもしれないが、自分が今まで続けてきたものの中で、7年(期間としては9年)もの長きにわたったのは、この、中国武術くらいだろうか。

それほど長き期間続けてきたのにもかかわらず、先生や先輩諸氏の言う「きっかけ」を掴んだり、「スイッチ」を押したことはないようだ。

いまだに、体の使い方も普通のそれだし、力を出すことについても、繋がった感覚にしても、ピンと来ない。
感覚的には9年前とそう変わらない。

そこでふと思ったことが「自分の考え方を変えるくらいの、自分の今までの在り方を放り投げるくらいの素直さで言われたことを受け入れていかないと、結局、武術的にも変わることはできないのではないか」と言うことだ。

いまさらさも大発見のように思うことすら恥ずかしいのだが、何か、邪魔する物を取り払うことは、ものを学ぶ上でとても大切なことと言うか、必須のことだったのではなかろうか。
………なんて。

で、今日の練習
22:50~23:20 室内
丹田功 
腕と手の練功?
掌法をあれこれ流す
八十八式(大起式)

昨日今日と気温も高かったが、大起式はやはり身体を内側から暖めていくようだ。
それにしても覚えていないことと言ったら…!


明日からまた二日お仕事ね。はぁ。
スポンサーサイト

五月…連休も終わる

練習のあとに思うこと

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 1 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【思い出した】

昨日漠然と、しかし、直感的に思ったこと。馬貴派八卦掌を始めてかれこれ9年近くなる。この1,2年はほとんど練習らしいことができなかったので、実質的には7年くらいかもしれないが、自分が今まで続けてきたものの中で、7年(期間としては9年)もの長きにわたったの...

trackback avaterまとめwoネタ速neo

2012-05-13 05:08