FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

2019.02.24 (2)

2019.02.24 (10)

2019.02.24 (20)

一月以上足を向けていなかったちろりん村は、すっかり春めいていた。
まだ、花はたくさん残しているものの、紅梅はすでに盛りを越しており、いくぶん遅れて咲き始めたであろう白梅は今まさに満開。
瑞々しさを漂わせている。
そして、早咲きの桜が枝によってはかなりの花を咲かせていた。
日射しも温かく、風もなく、これ以上求められないほどの上天気だ。

今日の練習
9:00~12:00 教室
養生 
 1月に足首を痛めて、古傷を悪化させてしまったので、先生に状態を見てもらった。
とにかく無理をしないこと、足首に負担をかけないために、まだしばらくは刀の練習はしないようにとのアドバイスを受けた。
また、慢架を打つときには、腹を緩めること。
慢架
粘杆
この一月全く練習をしなかったので、慢架は動きを思い出せないところがあり焦った。
思いのほか足首には負担がかからずホッとした。
呉式太極拳の基本通りに膝や足首を無理な角度に動かさず、高めに、軽く、蹴らず踏ん張らず……。
自分の身体を守りつつ練習をしようとすると、結局、いつもの基本を忠実に行うことに尽きるということがはっきりした。
本当に養生太極拳だ。
粘杆は二通りの動きをざっくりと

2月22日は、懇意にしていたコーヒー豆屋のご主人の命日だった。
沈先生にも相談したり、養生のアドバイスをいただいたりしながら、亡くなる直前まで親しくしていただいたのだ。
当日は流石に遠慮して、昨日ご自宅にうかがって線香をあげさせてもらった。
奥さんと話をしながら、短い間だったがいい巡り会いだったと改めて思った。
本物の職人、商売人ではないご主人とその仕事を二人三脚で支えた奥さん。
これからも、おつきあいを大切にしたい。
スポンサーサイト