FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

このところ気になっていた骨盤が斜めになってしまう誤りについて「直線は大きく、円
は小さく」と話があった。
前進後退の直線の動きは大きく(展開)、左顧右眄の円の動きは小さく(収斂)せよ。
そして骨盤は常に真っ直ぐにする。
進退顧眄にともなって骨盤が斜めになってしまえば、それは太極でもなんでもない。
つねに骨盤の方向を正しくし、弓歩でも虚歩でも、攬雀尾のときのように左顧右眄しても、とにかく骨盤の向きが崩れないように。
上半身は円、下半身は方(直線)ということだし、それぞれが引きずられないで、分離してできないと崩れてしまう。
架子が出ないことは大切だが、骨盤の向きを守るためには、多少の架子は出ても仕方ない。
第一優先は骨盤をゆがめないこと。
あまりに基本過ぎて恐ろしい。そして難しい。

続きを読む
スポンサーサイト