FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

練習をしないとき、必ず何かしらの理由をつける。
やれ大変疲れていた。
やれ忙しかった。
足首が痛かった。
で、今日は足首が痛むが、明日から泊まりがけの出張になり思うように練習ができそうもないので、足首を騙しだましやった。
あ、これも理由。

今日の練習
18:05~19:09 公園
太極刀 3回+α
慢架 1回
刀:
振り回していないか?
慢架:
骨盤が正しい方向を向く(傾かない、斜めに出ない)感覚が、ぼやけている。
このところの練習したりしなかったりが、こういう風に出てくるのだろう。
道は遠いな。
スポンサーサイト
0 comments
0 trackbacks

出張続きで、いささか疲れた。
しかもこのあと土曜日に出勤、日曜から泊まりがけの出張と、まだまだ身体が休まる時がない。
ここ数ヶ月、毎月ほぼ80時間越えの時間外動労が続いている。
疲労がじわじわと蓄積されても不思議ではない。
このところ疲れやすいのは、歳のせいばかりではないだろう。

その疲れを癒やすのも、太極拳の練習かも知れない。

今日の練習
21:08~22:08 公園
太極刀 3回
慢架 1回
刀:
回転の感じが少し変わったかも知れない。
あとは、止まらないこと。
自分ではわずか筒でも動いているつもりだた、たぶん止まっているのだろう。
慢架:
今一番難しいと感じているのは、進退顧眄を正しい骨盤の向きで行うことだ。
何をやってもついて回る問題なので、しばらくはこれでいける。

阪神淡路大震災から24年、合掌。
0 comments
0 trackbacks

骨盤を正面に向ける。
愚直にと言うかほかの何をおいてもというか、とにかく基本だから。
それだけ。

今日の練習
17:48~19:23 公園
太極刀 3回 +α
慢架 1回
雲手・野馬分鬃~玉女穿梭
刀:
教室のおさらい 回転と「止まらない」こと 
慢架:
雲手の降ろしてくる左腕に伴う肩の力み、詰まったような感覚がいくらくり返しても抜けない。
右肩には感じないのに、なぜだろう。
意識するために、よけいに力んでしまうのか?
くり返したら力が抜けてくるかとも思ったが、効果なし。
野馬分鬃の腕の高さや角度・方向など、昨日確認したことを馴染ませようとしたが、両腕の作る立体的な角度というのが、どうも腑に落ちてこない。
不用意な力みを取り去れたら、いろいろなところで動きやすくなるだろう。
0 comments
0 trackbacks

疲労が心身ともに溜まり、二日ほど寝込んだ。
身動きできないというのは(比喩でなく)心身の双方に響くものだと感じた。
そんなこんなで、なんと火水木金土と5日間全く練習をしなかった。
よい練習をする(続ける)ためには、ストレスを溜めない日常が必要なのだとつくづく。
それができないのが、現代なのかも知れないが。

今日の練習
9:00~12:00 教室
太極刀
慢架
盤手
刀:
いくつかの回転について、重心をどこに置くか
慢架:
雲手の腕の動き 左肩のつまった感じ→腕は自然落下 胸との角度を90°に保って降ろす。
雲手の練習後、外側広筋、内側広筋、大腿直筋に軽い筋肉痛のような感じが残った。
雲手は姿勢が難しい。
→腰を落としすぎず、体重は後ろより
野馬分鬃の腕の角度など
→はじめ4回の腕の運び(角度や方向)と5回目の腕の運びは、はっきり区別する。

誤解
開胯は股関節の外旋ではなく、恥骨結合が開くこと
骨盤を常に正面に向けること、そしてその状態
0 comments
0 trackbacks

いつもの月曜日が始まった
サザエさんのエンディングテーマを聞くと憂鬱になるのは、子どもの頃から「ああ、これで休みも終わりかぁ(当時は土曜は半ドンで休みではなかったのだ。休日はこれ一日、一週間で一番うれしい日であり、一番もの悲しい日でもあった)」と万感の思いを胸に宿していたのだ。

もっとも、今は流石にサザエさんも見ないし、ちびまる子ちゃんも見てはいないが。
いっとき、『久米書店』を楽しみに見ていたが、あれは日曜日の6時台だったような。

なんにせよ、正月は終わって、また慌ただしい日常が戻ってくるのだ。

今日の練習
21:33~22:37 公園
太極刀 3回+α
慢架 1回
続きを読む
0 comments
0 trackbacks

このところ気になっていた骨盤が斜めになってしまう誤りについて「直線は大きく、円
は小さく」と話があった。
前進後退の直線の動きは大きく(展開)、左顧右眄の円の動きは小さく(収斂)せよ。
そして骨盤は常に真っ直ぐにする。
進退顧眄にともなって骨盤が斜めになってしまえば、それは太極でもなんでもない。
つねに骨盤の方向を正しくし、弓歩でも虚歩でも、攬雀尾のときのように左顧右眄しても、とにかく骨盤の向きが崩れないように。
上半身は円、下半身は方(直線)ということだし、それぞれが引きずられないで、分離してできないと崩れてしまう。
架子が出ないことは大切だが、骨盤の向きを守るためには、多少の架子は出ても仕方ない。
第一優先は骨盤をゆがめないこと。
あまりに基本過ぎて恐ろしい。そして難しい。

続きを読む
0 comments
0 trackbacks

今日から新年の教室が始まった。
誰でも参加してくださいとのお知らせがあったので、ちょっとその気になったのだが、午前中の買い物が不発に終わり、一気に面倒くさい気分に。
午後はゴロゴロしているうちに時間が過ぎていき、録画してあった番組を見たりしているとあたりは薄暗くなっていく。

研究会のfbを見ると、新しい教授内容に必要な白蝋棍の申し込みを受けるという連絡が入っていた。
さっそく購入希望の申し込みをした。
うう、刀も剣も作っていないのに…。
そうか、刀と剣を作れていないことが、どこかに引っかかっているのだ。
このもやもやしたいやな気分の出所はそのへんかもしれない。

今日の練習
17:45~18:38 公園
太極刀 3回
慢架 1回
刀:
今日は回転するたびにバランスが崩れた。
慢架:
昨日気になったところがやはり気になる。
明日の教室でこのことは解決したい。メモメモ。
それと、野馬分鬃の両腕の動きや、玉女穿梭での回転なども。
0 comments
0 trackbacks

この正月は本当に穏やかだった。
風もさほど吹かず、毎日ほぼ快晴で青い空が気持ちよくくっきりとしていた。
午後になると雲の出ることもあったが、毎日布団が干せて極楽のような寝床だった。
太陽のありがたさよ。
そのぶん、日本海側や東北・北海道は荒れ模様の天気に見舞われている。
ほどほどに、ほどほどにと願う。

今日の練習
20:34~21:25 公園
太極刀 3回
慢架 1回
刀:夜戦八方の回転が難しい。
足首の負担も怖いが、とにかく腰椎からと言うのがべらぼうに難しい。
幻の回転(かつて1回だけ、身体の重さが一切足首にかからない気持ちのよい回転ができたことがある)は、ほんとうにあちこちが上手く噛み合っていたのだろう。
慢架:
扇通背から翻身搬攔捶と扇通背から翻身撇身捶のところがどうもいかん。
扇通背では重心移動、骨盤の向き、腰椎、頸椎、腕の高さや形などが、すぐにあいまいになるし、そこから搬攔捶、撇身捶へのつなぎがなんともあいまい。
ここでも重心移動、両腕の動き、腰椎や骨盤などなど、いつもあるていどわかったはずなのに、しばらくするとぐるっと回って分からなくなる。
自分にとって鬼門か?
0 comments
0 trackbacks

友人(父と同世代)が電話をかけてきてくれた。
彼は自分の一輪車の師匠でもある。
おかげで、学生の頃は一輪車のイベントや講習会で小遣いを稼がせてもらったり、思わぬところでの人の繋がりができたりと、人生を豊かにしてくれた恩人でもある。
この2年ほど認知症を患った奥さんを施設に入れて毎日のように通っているという。
人生いろいろだ。
小一時間話をして受話器を置いた。

今日の練習
17:28~18:18 公園
太極刀 3回
慢架 1回
刀:
風が強く刀が煽られてしまうのがやりづらく感じた。
気張らず、重々しくならず、それでいて軽いからと刀を振り回さず。
謙虚な気持ちで動くとよいのだろうな。
慢架:
骨盤を偏りなく。
首や肩に力が入らぬようにしたいのだが、寒いときは無意識に首をすくめていそうだ。
マフラーや手袋はよけいなことに気を取られたり身体が縮こまることを防ぐ必需品としてしっかり身につけているのだが、それでもどこかしら寒さが忍び込む。かな。
0 comments
0 trackbacks

正月を一人病院で迎えた初めての新年。
やはり不憫だ。
弟と二人で、お節の料理から食べやすそうなものを持って行く。
長年慣れ親しんだ味に、感じるものがあるだろうか。
なくとも、いっとき幸せな気分を少しでも味わったもらえたらと思った。
食欲は旺盛で、病院食も、持ち込んだものも全て平らげた。
それだけでもうれしい。

今日の練習
17:18~18:12 公園
太極刀 3回
慢架 1回
刀:
身体の向き、刀の方向、それらが腰椎の動きに従うよう、「待って動く」ことを念頭に。
慢架:
骨盤を正面に(左右どちらも前に出ない)。
今日はこれだけを意識した。
そのつもりだが、なんでか職場のあれこれが頭に浮かんできて困った。
0 comments
0 trackbacks

190101_1327~001 190101_1405~001

30分ほど並んで、ようやく拝殿へ。
そのあとは、隣のお寺へまわって鐘を突いて帰宅。

今日の練習
17:01~18:27 公園
太極刀 3回
慢架 2回
刀:
ここ数日感じている頼りなさは、自力ではどうしようもない気がするので、あまり突き詰めて考えることはやめておく。
慢架:
野馬分鬃のときに骨盤が恐ろしく斜めになっていることに気がついた。
右脚が前に出れば右腸骨、左脚が出れば左腸骨が前に出ている。
骨盤を四正の方向にきちんとそろえると、全く感覚は違っている。
こんなに姿勢が歪んでいたのに今まで何とも思っていなかったのかといやになる。

練習を終えて戻るときに、上半身と下半身がつながっていないことに思い到った。
腰椎の動きが上半身だけで終わってしまい、下半身に伝わっていない。
腰で身体がちょん切れているようなそんな感覚が突如襲ってきて気持ち悪かった。