0 comments
0 trackbacks

今日の練習
23:05~42 公園
慢架 1回
スポンサーサイト
0 comments
0 trackbacks

かなり根を詰めてしまい、いささか疲弊気味だが、少しばかり昼寝をしたら楽になった。

今日の練習
18:20~19:07 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩 倒でん猴 → 前進後退
玉女穿梭 単鞭 → 左顧右眄
体調が少しよくなったのか、ふらつきがだいぶ収まった。
ただ、退歩跨虎がやはり難しい。
というか形にならん。
0 comments
0 trackbacks

それにしても、この状況はなんなんだ?

呻き声が出そうだ。
でも、実際には出るのはため息だ。
この苦しい峠をなんとか越えなくては。  

そのためにも
今日の練習
21:54~22:33 公園
慢架 1回
止まる。
息を詰めてしまう。

そんななか、朗報。
高校時代の先輩女性が、良性の腫瘍と言うことで癌の疑いが晴れた。
心底ホッとした。
0 comments
0 trackbacks

あの沖縄戦で亡くなった人たちの魂を本当に慰めているのだろうか。
よりにもよって、アベゾーなんかの空疎な言葉を聞かされて、あれでは到底成仏できぬ。
やはりこの国はおかしい。
同じ民族、同胞に対してまるで人身御供のような扱いだ。
いや、人身御供を差し出す者には、まだ後ろめたさも、申し訳なさもあるだろうが、日本政府もあまたの国民も、知らん顔を決め込む。
どころではない。
政府に至っては沖縄を愚弄し続けている。
同じ日本人として恥じ入る。
沖縄を応援したい。

今日の練習
21:51~22:36 公園
慢架 1回
よろめく。
情けないが…。
耐えねば…。
0 comments
0 trackbacks

このところ、7時に家を出て22時頃に帰宅するような状態が続き、しかも持ち帰りなどと言うクレイジーな働き方ならぬ働かされ方をしている。
全く時勢に沿わぬ(いや、ブラックばやりの昨今、その先端を行っているやもしれぬ)話で、できることなら、一日も早くここからほかの営業所へ移りたいものだ。
この状態を何とかしないと正直身がもたない。
せっかく養生のために太極拳をとやってきたが、それすらままならぬ。
本末転倒も甚だしい。
なんだか不満ばっかでイヤになる。

で、昨日の練習
23:25~0:08 公園
慢架 1回
とても久しぶりな感じがして、ある意味新鮮だった。
でも、やはり毎日やりたい。
それができる生活をしたい。
0 comments
0 trackbacks

5時過ぎの公園。
キョッキョッキョッと聞き覚えのあるさえずり。
そのうちに「ホー ホケキョ」
高層の建物によく響く声でかなり長い間鳴き続けていた。
移動しながらも建物に反響して実際以上に大きく聞こえる。
涼しすぎる気温に春先を思い出したのかと思う一方、鳴かないと分からないがずっとその辺にいたんだね、というこちらの目配りのなさにも気付かされた。

今日の練習
5:48~7:02 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩・倒でん猴
59手揮琵琶から合太極
骨盤をしっかりと固定した顧眄の練習
四点・六点 将展未展 このところこればっか
0 comments
0 trackbacks

ちろりん村の管理組合?の人に尋ねると即座に西洋グルミと答えてくれた。
懸案事項が解決し、足取りも軽く会場へ向かう。

2017.06.18 (8)こちらは西洋ぐるみだそうで。

2017.06.18 (7)もう一方は鬼グルミか。 


今日の練習
9:00~12:00 教室
講義
 掤は全方位(360°)に向かっている。
  一方向に向かって出される力ではない。
 水平の円であり垂直の円である。
  一つの状態を表している。
分散 統合 力の伝達(球状の網→聴勁)

質問 下勢の右足の位置と向き
慢架 1回  
推手

<掤は聴勁である>という話を聞いて、平面で理解してはいけないのだろうが、クモの巣を連想した。
クモの糸は風に流されて飛んでいくくらい細くて軽いものだが、途切れず、たわまず、 巣にかかった獲物の動きを瞬時にクモに伝える。
身体の状態としてはこのクモの巣のようになるのが、一つの理想なのではないか。
また、推手を行うときの感覚の細やかさとしても、クモの糸を切らないくらいの感覚を意識してみたい。
0 comments
0 trackbacks

時計を見ると4時半を少し回っていた。
このまま惰眠をむさぼることもだらだらとした心地よさがあるが、このところ動けていないので身体が忘れてはことだ、と気持ちを切り替えて外に出る。
去年の今頃は、連日「よもやま話」をチェックして、会の様子や先生の考え、太極拳論をうかがっていたっけ。
逡巡もあったが連絡を取ってみたのが7月、8月から入会、108式という長い套路にため息をつきながら取りかかったのだった。
あれからもう10ヶ月。
これからだろう。道のりは長い。焦らぬことだ。

今日の練習
5:08~6:10 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩・倒でん猴で進退
起勢から単鞭・雲手・玉女穿梭で右顧左眄
将展未展と3本の直線  四点・六点

朝の空気がここちよかった。
父が歩いてきて、トイレに入って帰って行った。
GPS端末をつけているから、まあ大丈夫と姿を見送る。

これから甘酒の仕込みをする。
温度管理の難しいことを認め、ヨーグルトメーカーを買ったのだ。
文明の利器、できがまったくちがうのには驚いた。

今夜はもっとうまく作りたい。


大きな気がかり共謀罪成立。
0 comments
0 trackbacks

時間がない~
何で今これをせにゃならんのだ~
振り回されるのはごめんだ~
疲れる~
ストレスがたまる~

と、まあ
仕事の不満がたまっている。
なにかスッキリしない力学が働いていて、そのあおりがこちらにも波風をよせてくる。
やるんなら、まわりに一切しわ寄せの行かないかたちでやってほしい。
とまあ、愚痴だな。

今日の練習 
5:43~59 室内
八門五歩
0 comments
0 trackbacks

持ち帰り仕事をしながらうたた寝。
目を覚まし、また椅子にもたれて寝てしまう。
そんなことを繰り返しているうちに4時になっていた。
こうなったらと、シャワーを浴びて公園へ。

今日の練習
5:09~48 公園
慢架 1回
雨降っていたのが小やみになって、これならできそうだとでてきたが、雨は止んではいない。桜の木の下でヤブ蚊を心配しながら拳を打つ。
前回の教室で学習を念頭に、ときどきぽつりと落ちる雨だれに靴先や肩を濡らしながら、まあ穏やかな時間を過ごした。
下勢に曖昧さが残っていてちょっと気持ち悪い。
右足の位置と向きをもう一度確認させてもらおう
0 comments
0 trackbacks

ちろりん村に行ってクルミの木や気になる木を眺めてから教室に向かおうといつもの道を歩いていると。
その途中で!いや、まさかこんなところで…
こんなと言っては失礼かもしれないが、ブロック塀の隅っこで咲いているなんて!!!

DSCF8699.jpg

DSCF8700.jpg

<ほたるぶくろ>
小学校で読んだ『大きい1年生と小さな2年生』と言う本に名前が登場。
以来、どんな花かと想像していたホタルブクロ。
実物を初めて見たときの、期待を裏切らない可憐な姿にひどく感動したものだ。
とにかく憧れの野草だった。
しかも、この創作童話、作者の住まっていた東久留米市あたりを舞台に描かれているのだそうで、そうするとかつての農村地帯だった東村山界隈が徐々に宅地化されていく状況でのまさに原っぱ健在だったころのほたるぶくろ原生の地なのだろう。
いまや、多摩地区、特に西武線沿線などにも、どこにも原っぱは存在しないだろう。
管理されていない土地などなく、全ては囲われた、切り取られた土地ばかりだ。
なんだか、思いっきり郷愁がこみ上げてきた。
 
今日の練習 
9:00~12:00 教室
講義 行巧走架
慢架 1回
修正 退歩七星から退歩打虎勢(腕の位置、距離)
   双擺蓮の右腕の動き
 ろう膝拗歩の腕の位置、形、方向(六点を崩さないこと)
   下勢 全ての動きについて
質問 玉女穿梭の両腕の形と腰椎の動き
推手

今日の練習 2
20:08~58 公園
慢架 1回
間違えてやり直したり、途切れてやり直したりと少しダレたかもしれない。
0 comments
0 trackbacks

湿度が低くまた風も吹いたので、気温が高いわりには過ごしやすかった。
とは言え、日射しを浴びつづけたのでたいそう疲れた。
確かにもう若くはないさ。

で、今日の練習
22:16~23:00 公園
慢架 1回
今日はけっこう雑念が浮かぶ。
何度も間違えたり立ち止まったりと芳しくない。
やはり、朝のほうが余計なことをかんがえなくてよいだろう。
搬攔捶、撇身捶のあたりがいまひとつしっくりこない
0 comments
0 trackbacks

たぶん満月なのだろう。
小平の空は広く、月も雲の合間を楽しむようにゆったりとしているようだった。 

帰宅して食後に汗を流してから、コーヒーをゆっくりと飲み、外に出る。
ちょうど雲が切れていて、空にはスッキリとした光を投げかけるまんまるの月が。
とっても気分がいい。月の南の空に見て三日ぶりの練習だ。

今日の練習
22:39~23:32 公園
慢架 1回
ろう膝拗歩と倒でん猴、単鞭に上歩搬攔捶と。


要は進退顧眄 と 将展未展 それから 六点・四点
今、少しでも自力で追いかけられるのはこの辺か。
夜中だったが、動き始めると虫が寄ってくる気がして困った。
それに湿度が少々高いようで、けっこう汗ばんできた。
明日は休日出勤、暑いのに屋外での仕事はきつかろう。
参った。な。
0 comments
0 trackbacks

仕事が詰まっていて、帰宅も遅けりゃ、持ち帰りもある。
若い頃なら、仕事が遅いから自分が悪い…なんてバカなことを考えたかもしれぬが、ふてぶてしくなった今では、「8時間でできない仕事をやらせるな」と怒る。
とはいえ、放って置くわけにも行かぬから何とか片付けるのだ。

その合間を縫うように、
今日の練習
22:30~23:09 公園
慢架 1回
職場のほかの部署のピンチを知ったので、どうもそのことが頭に残ってしまうが、それでも要所は押さえながら拳を練る。
0 comments
0 trackbacks

ちろりん村の実のなる木
今まで見たことないけれど
なんだかとっても気になる木

全景
2017.06.04 (7)

枝の先 木の実
2017.06.04 (9)

葉の大きさ 手のひらとの比較
2017.06.04 (10)

幹の様子
2017.06.04 (12)

さて、いったい何の木なのか。
ネット上の図鑑をいろいろ見てみたのだが、検索が下手なのか探しあぐねている。
どなたか、ご存じの方がおられたら、コメントいただけるとありがたいです。
(いったい何の記事だ?)

で、
今日の練習 1
9:00~12:00教室
続きを読む
0 comments
0 trackbacks

今日の練習 2
13:08~41 室内
慢架 1回
食後の腹ごなしにと練習したが、その後気持ち悪くなって1時間ほどへばった。
正午に慢架をしないようにと先生に言われていたが、13:08もまずかったか?
それとも昼に食べたうどんの天ぷらが胃にもたれたのか?
たぶん、そっちだ。 
0 comments
0 trackbacks

首が回らん。  
首から肩へかけての諸々の筋肉ががちがちになっているような感覚。
右を見ても左を見ても痛えじゃぁござんせんか、ってころだ。
これはかなり疲労感を増す。
実際に疲れている以上に、常になにか疲れていると感じてしまうのだ。
参った。

今日の練習  
5:39~6:22 公園
慢架 1回
昨日今日とバランスが今ひとつ。
落胯垂臀ができていないか将展未展が不充分か。