FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

また右足首の右前方が曲げると痛む。
1月に無理に引っ張られて以来、ぶり返しているようだ。

それとは別に、いや、それだからこそ
今日の練習
5:13~53 公園
慢架 1回
湿り気を帯びた地面の状態は練習にはよい。
が、湿気が強く途中から汗がしみ出す。

攬雀尾で右手中指似合った視線が、単鞭に移り、南を向いたときにも断面にあることはない。どこで、どう左中指に移る?

斜飛勢の視線にしてもまだあやふやなところが出てきた。

やはり慢架は難しいのだ。
かりに質問して分かったと思っても、できるようになるまでには長い時間がかかる。
修業とはそういったものだけれど。
スポンサーサイト



0 comments
0 trackbacks

雨が上がった後は、けっこう蒸し暑くなってしまった。
持ち帰りの仕事の目鼻をつけて、公園のサッカー少年たちの声が遠のくのを待つがなかなか。
結局、夕食後に動き出した。
満月を2日過ぎた十六夜?の月を見上げる。
雲も切れて、煌々と美しい。

今日の練習2
20:08~45 公園
慢架 1回
気温が上がっているが、蚊取り線香を腰につけているせいか蚊は寄ってこない。
指先・断面の教えを意識、しかもなるべく半眼。
さらにできるだけふら~っと動く。
それなりの充実感。
0 comments
0 trackbacks

定時定量という言葉にしたがって、なるべく同じ時刻に同じことをと思い、そとに出ようとしたその時、ぱたぱたと雨の落ちる音が耳に入った。
と間もなく、本降りの雨になる。
時に5時ジャスト。
二度寝をしてしまおうかと思ったが、こんな時はボーッとしながら珈琲を入れるのもまた善きかなと豆を挽き、湯を沸かす。
湯が沸いたところでポットに移し、その間にネルドリップの(金魚すくいのようなあれである)支度をして、粉を入れる。
表面をならすために軽く振るう。
一滴、また一滴、そして少し続けて湯を注ぐ。
粉がにわかに膨らみ始める。
むわむわと盛り上がるそのようすがたまらない。
(やはり豆の鮮度、品質が大切だ。)
香りが立つ。
しばし蒸らす。
ゆっくりと湯を注ぎ続ける。
カップに濃いしずくが落ちる。
しずくが一筋の流れのように落ち始める。
濃い色合いに吸い込まれる。
手もとの豆に渦を描くように湯を回し入れる。
音もなくコーヒーが落ち続ける。
頃合いを見てドリップを終える。

香りと色を楽しんでから、一口すする。
…旨い。

外の雨を眺めながら、昨日の教室での気づきや学んだことが、身体の中でムズムズしているとにふと気がつく。
狭いがそれでもできるじゃん。

というわけで、
今日の練習
5:47~6:32 室内
慢架 1回
頭の中をからっぽにというよりは、昨日学んだことを一つひとつ確かめながらの動きの確認になってしまった。
どうしても、踏み替えながら場所を変えないとできないので、一つながりの慢架は難しいので、そこは割り切って動いた。
指先と断面の一致、もちろんそれは腰椎の動きと一致させることを意味している。
目で動きを誘導するのでも、指先で腰を引っ張るのでもない。
腰が動く、その上に胸も頭ものっている。
手の先は胸の向きを規定し、眼窩の中に置いただけの目は首の向きを規定する。
たぶんそういうことなのだ。
こうして書いている中で気がついた。なるほど、と。
この感覚は、はやいうちに地べたの上で途切れない動きとして確かめたい。
0 comments
0 trackbacks

一週間が早い。
いいことなのか悪いことなのか。おそらく悪いのだろう。
コーヒー豆を買いに行く暇もないのだから。
今日も、教室を終えるとその足で職場へ行って仕事をやっつけ(時間で切って持ち帰り)、夕方からは前同じ営業所で働いていた仲間と会う。
トリプルヘッダーはなかなか忙しい。

今日の練習 
9:15~12:00 教室
講義
・内勁が筋肉の代わりに身体を支える
・内勁は筋肉の緩みから来るが、筋肉が緩んだら人間は倒れる<矛盾>
・太極は筋肉を緩んで立つ(ほぼ不可能)
この独特の自動詞表現は文法的な間違いとも言えない気がする。
会えて日本語風に言うと「太極は筋肉が緩むことで立つ」だろうか?
陰陽24式
慢架
盤手

今日は慢架の始めから終わりまで、ほぼ視線を外さずに終わった。
しかも、かなりの時間はじっと見つめるのではなく、半眼で。
終わったときは、立っているのが億劫で眠くて仕方なかった。
慢架:
攬雀尾の右手中指から目を離さないこと。そして、右手中指は身体を真っ二つに切った面(正中面とでもいうのか)になくてはならない。
先生は「断面」と言って説明した。
海底針では、右手も左手の中指も、この「断面」上にある。
屈むときも、身体が起きて左手が右手首に向かうときも。
すっきりした。

忙しい合間を見て待望の豆を買うことができた。
やはり、コーヒーは豆だ。
湯を注いだときの豆の盛り上がり方がまるで違う。
見ているだけでうまい一杯を飲んだようなものだ。
至福。
0 comments
0 trackbacks

腰にぶら下げた蚊取り線香もいらないほどの涼しさ。
涼しいを通り越して肌寒い。
くしゃみを何度もしてしまった。

今日の練習
5:24~6:01 公園
慢架 1回
何度か間違える。
頭にあれこれ浮かんでしまって集中していなかった。
こんな練習では時間がもったいない。